セキスイハイムエクステリア工事の費用を公開

我が家ではエクステリアもセキスイハイムで頼みました。

エクステリア費用は契約当時150万円で設定されていましたがこの金額でどこまで希望どおりのエクステリアができるのか?

また、セキスイハイムに外構をお願いすると高くなるよって妹夫婦から聞いていたのですごく悩んでいました。

我が家は最終的にセキスイハイムにてエクステリアを頼みましたので今回その費用を公開しようと思います。



我が家のエクステリア詳細

エクステリアも建物と同じく仕様によって大きく金額が変わってしまいます。

カーポートやサイクルポート、ウッドデッキや芝生など高額になりやすい設備は色々とありますので、我が家のエクステリアをご紹介してから費用を公開します。

門柱・玄関周り

我が家のエクステリアでこだわったところはこの門柱と玄関周りだけといっても過言ではありません。

セキスイハイムで外構を頼む一番の理由がこの門柱に外壁と同じラスティックタイルを使用したかったのでセキスイハイムにエクステリアを頼みました。

外壁は「黒・白・黒」の順番でラスティックタイルを使用していますが、門柱は反対の「白・黒・白」の順番で貼って頂きました。

ラスティックタイルはセキスイハイムしか手に入れることができないので我が家のように外壁タイルを使ったエクステリアにしようと思われる方はセキスイハイムに頼んでください。

駐車場

駐車場はコンクリートと玉竜を使用しデザインで角にレンガを使用しています。

カーポートとサイクルポートは予算の都合上なしです。

 

芝生を検討してましたが手入れが大変だと妹夫婦から聞いていたので土のままです。

しかし、この土のままって雨が降ったら外壁は汚れるので、あとから自分で人工芝を張りました。

この人工芝についてはまた書きたいと思います。

フェンス

メインの玄関から庭まで見えるところはLIXILのプレスタ3型というアルミ形材フェンスを使用し、裏側と隣地部分にはLIXILのハイグリットフェンスというメッシュフェンスを使用しました。

プレスタ3型フェンスは13,000円ほどしますがハイグリットフェンスは2,800円なので、すべての面にプレスタを使用すると高額になりすぎたので見える部分だけ綺麗にしたって感じです。

その他

手摺フェンス「アーキーレール」

角柱「LIXILデザイナーズパーツ」

ブロック「化粧ブロック2色」

エクステリア工事費用詳細

工事名称 金額
仮設工事 2万4千円
土工事 14万4千円
金物工事 45万6千円
組積工事 38万4千円
左官工事 25万6千円
タイル石貼り工事 12万8千円
その他仕上工事 3万2千円
諸経費 17万6千円
合計  160万円

我が家のエクステリア費用は160万円となりました。

実際は追加で立水栓を標準のものから変更したのであと5万ほど上がってしまいましたがいかがでしょうか?

最初見たときは「高っ!」て思いました。

だって、門柱にラスティックタイルを使用した玄関しかこだわってなく、カーポートもウッドデッキもありませんし、庭にいたっては盛り土しただけでシンボルツリーも芝生も引いていない状態ですから。

エクステリアはこだわると建物と同じく費用がすごくかかります。

本当に納得のいくエクステリアをしようと思うと、250万円~300万円は必要だと思います。

ウッドデッキに20万、2台から3台止めれるサイズのカーポートであれば50万円くらいかかります。

予算についてはご自身がどこまでこだわるのか考えたうえでしっかりと予算取りをしておいてください。

そうでないと、私のようにカーポートやウッドデッキを諦めることになりますので。

まとめ

今回セキスイハイムでエクステリアを頼んだ私が費用を公開しました。

正直エクステリアにこんなにも費用がかかることは知らなかったです。

ただ、セキスイハイムで頼んで良かったと思うのは家の顔である玄関をしっかりと希望通り作れたことや値引きもして頂いたこと。

また、保証もしっかりとしており、1年後立水栓の補修を一からやり直して頂きました。

こういった点でも安心できると思っています。

もし、現在新築をお考えの方は他の業者さんとの打ち合わせなどを考えるのであれば、早めに打ち合わせした方が良いと思います。

エクステリアの打ち合わせは思った以上に時間がかかりますし、セキスイハイムに頼む場合は引き渡しまでに完了となりますから時間がかなり足りない状態になってきます。

 

 

2017年11月9日 セキスイハイムエクステリア工事の費用を公開 はコメントを受け付けていません。 不動産・暮らし 住宅購入